本文へ移動

災害対策本部特設ページ

石川県聴覚障害者災害救援対策本部

災害対策本部特設ページについて

令和6(2024)年1月1日に発生した、令和6年能登半島地震の、
きこえない・きこえにくい人、関係する人たちの支援や救援活動に関する情報を発信しています。

支援金・義援金ご協力のお願い

義援金の受け付けを始めました。

この度、聴覚障害者災害救援中央本部(全日本ろうあ連盟)における支援金のご協力依頼と並行して、石川県聴覚障害者災害救援対策本部において義援金の受け付けを始めました。
能登半島全域にわたり甚大な被害が発生した能登半島地震。きこえない・きこえにくい人や関係する多くの仲間が被災しています。石川県内の被災した仲間の生活再建のための義援金を受け付けます。あたたかい支援をお願いします。

救援物資・ご協力のお願い

ただ今、Amazonほしい物リストで必要な物品を公開しています

多くの方から救援物資のご提供をいただき感謝申し上げます。
今後は、被災者の個別の要望に対して随時対応できるよう、Amazonのほしい物リストにて、必要となる物品を公開します。
引き続き、ご支援いただきますようお願いいたします。

能登半島地震 関連ブログ

被災地への物資お届け報告と救援物資の受け入れ停止

2024-01-08
全国の皆さんからいただいた救援物資を5台の車両に積み込み、1月6日の朝9時に奥能登各地に向けて出発しました。1月6日の夜のうちに3台が帰り、戻れなかった2台は1月7日の朝に出発して、時間がかかりながらも帰ってきました。地震や雨による悪路により移動にかなりの時間を要しました。どこで避難生活を送っているのかわからない中、確認・調査をしながら救援物資をお届けしました。避難所では物資を手渡し、手話で言葉を交わすことで大変よろこばれました。
先日、救援物資を求める動画を配信したところ、全国の仲間から多くの救援物資が届けられました。心からお礼を申し上げます。しかし、今は自衛隊が被災地各地で物資を届ける体制が整ったことを受けて、私たちは情報の取得・コミュニケーションの保障による支援活動に切り替えたいと思います。
全国の皆様に救援物資の提供をお願いしていましたが、いったん停止させていただきます。
寒い中ですから、団が取れるようなものや、手軽に栄養が取れて賞味期限の心配がいらないような物資に切り替えて受け付けたいと思います。
引き続き、ご協力をお願いいたします。

240107救援対策本部会議 加藤氏 報告(音声あり)

2024-01-07
小松能美ろうあ協会会員の加藤氏の報告。1月6日に奥能登の仲間に救援物資のお届けしたことと、やむを得ず車中泊することになったことなどを語っています。

240107救援対策本部会議 やなぎだハウス沖田職員 報告(音声あり)

2024-01-07
奥能登ろうあ協会の会員であり、能登就労支援事業所やなぎだハウス生活支援員の沖田職員による1月3~6日の間、奥能登地区各地を回っての安否確認・救援活動の報告です。

救援物資の受け入れ 一時停止のお願い

2024-01-07

●全国の皆さんにいただいた救援物資を積み込んだ車5台が、昨日の朝9時に出発し奥能登各地(輪島市曽々木、能登町藤浪、能登町松波、珠洲市、穴水町)を廻り、昨晩のうちに3組が戻り、今朝になって2組がようやく帰還。地震や雨等による道の陥没による悪路で、車の移動に時間を要した。避難所か自宅かどこに寄せているのか、情報保障はどうなっているのかといった調査がメインであり、皆さんよりいただいた救援物資を届けながら、被災者とコミュニケーションを実施することができました。

●一昨日、救援物資のお願いの動画を発信してから、全国各地にいる多くの仲間から、たくさんの物資が届きました。皆様にお礼を申し上げます。しかし、今は自衛隊が救援物資を被災地に届ける体制が整ったことをうけて、私たちは次の段階に入ることになりました。被災者の情報保障を中心に調査していくことに切り替えていきたいと思います。よって、全国の仲間から救援物資をお願いしたのですが、いったん停止とさせてください。ただどうしても…という方は、寒くなっているので、暖が取れるものや、栄養のある物(賞味期限を4月以降が望ましい)に変えさせていただきたくお願いいたします。

240107石川県聴覚障害者救援対策本部会議 挨拶(音声あり)

2024-01-07
【要約文】

<吉岡>
物資の運搬にご協力いただいた皆さん、ありがとうございます。本日は連盟から山根理事、梅沢職員が出席。支援本部として発災から安否確認などを進めてきた。会員については安否確認ができた。関係者は引き続き確認を進めているところ。今後の支援のあり方について、協議していきたい。
 
<救援中央本部 山根>
7月より連盟の事務所長。安否確認が取れているときいている。支援が必要な状況であることはきいている。JDにはきこえに関係なく支援を進めていただきたいと考えている。理事長の石野連盟長よりお見舞いの言葉とお見舞金目録。ロイズのお菓子も。
 
<全聴情協 井沢>
情報提供施設の全国組織ではあるが、上部組織というわけではない。全国の仲間に発信していきたい。支援情報を共有し、できるだけ早く支援につながるような形で。これまでは情報を受けることが多かったが発信していく立場でありたい。長期的な支援が必要になる。できるだけのことをやっていきたい。
災害・震災支援に関するお問い合わせ
お問い合わせはこちら
石川県聴覚障害者センター 
社会福祉法人石川県聴覚障害者協会 
〒920-0964 
石川県金沢市本多町3-1-10 
石川県社会福祉会館内
TEL.076-264-8615 
FAX.076-261-3021
1
0
7
4
3
8
TOPへ戻る