本文へ移動

災害対策本部特設ページ

石川県聴覚障害者災害救援対策本部

災害対策本部特設ページについて

令和6(2024)年1月1日に発生した、令和6年能登半島地震の、
きこえない・きこえにくい人、関係する人たちの支援や救援活動に関する情報を発信しています。

支援金・義援金ご協力のお願い

義援金の受け付けを始めました。

この度、聴覚障害者災害救援中央本部(全日本ろうあ連盟)における支援金のご協力依頼と並行して、石川県聴覚障害者災害救援対策本部において義援金の受け付けを始めました。
能登半島全域にわたり甚大な被害が発生した能登半島地震。きこえない・きこえにくい人や関係する多くの仲間が被災しています。石川県内の被災した仲間の生活再建のための義援金を受け付けます。あたたかい支援をお願いします。

救援物資・ご協力のお願い

ただ今、Amazonほしい物リストで必要な物品を公開しています

多くの方から救援物資のご提供をいただき感謝申し上げます。
今後は、被災者の個別の要望に対して随時対応できるよう、Amazonのほしい物リストにて、必要となる物品を公開します。
引き続き、ご支援いただきますようお願いいたします。

能登半島地震 関連ブログ

やまぎだハウスの被災状況報告

2024-01-22
能登就労支援事業所やなぎだハウスの被災状況をお伝えします。
作業室のシャッターが曲がっており、修復は難しそうです。壁が剥がれ落ちています。
休養に使用する和室では、天井がところどころ割れ落ちています。
職員が執務する事務室では、壁にひびが入り、天井に取り付けられた設備などが抜け落ちています。
外壁にはヒビが入り剥がれ落ちており、他にも多数の損壊が見られます。
やなぎだハウスの修繕には多くの費用が掛かる見込みです。ご支援が必要となります。ご協力をお願いいたします。


2次避難所への移動とご協力のお願い

2024-01-20
1.5次避難所にいたろう者が、2次避難所に移動し、なんとか落ち着かれている様子です。
そこで、皆さんにご協力のお願いです。これまで物資を送付いただきありがとうございました。
部屋に収まり切れないくらい多くの物資が届きました。しばらく物資の送付を止めさせてください。また、必要になりましたら呼びかけさせていただきます。ご協力、よろしくお願いします。
代わりと言っては何なのですが、義援金・支援金のご協力をお願いいたします。被災されたろう者の皆様のご自宅が全壊・半壊しております。希望されている自宅での生活を送るには、修繕が必要となります。やなぎだハウスも修繕が必要となる見込みです。様々な面で費用が必要となります。ご支援いただきますようお願いいたします。ただ、申し訳ありませんが、銀行振込の際は手数料が発生します。ご負担いただきますことをご理解の上、ご協力いただきますようお願いいたします。

支援金・義援金について

2024-01-11

●全国の皆さんより石川県聴覚障害者協会に支援金・義援金を納めたいという多くの声をいただいたこと、大変有難く思います。
●石川県聴覚障害者協会の能登地域の拠点である能登就労支援事業所「やなぎだハウス」(能登町)がかなり被害を受けており、再開のめどがつきません。その様子をまた動画発信したいと思います。
●聴覚障害者災害救援中央本部の「支援金」には、被災者への見舞金はもちろんのこと、「やなぎだハウス」の修繕費、先日の情報保障の実態調査や救援物資を届けるための被災地派遣の費用だけでなく、今後の長期にわたる支援計画のための実態調査などにかかる費用なども支援いただく予定です。
●石川県聴覚障害者災害救援対策本部の「義援金」は、全額を被災者にお渡しします。私たちの支援活動にこのお金は使いません。
●私たちの活動には、全国の皆さんからの支援が必要です。よって金銭を寄附したいという方は、中央本部で集めている「支援金」と石川本部で集める「義援金」の双方を趣旨を理解の上で、お納めいただければ嬉しく思います。どうぞよろしくお願いいたします。

補聴器電池の物資支援について

2024-01-09

●能登地域で補聴器の電池がなく困っている聞こえない、聞こえにくい方はいませんか?
●補聴器の電池が必要な方は、ご連絡ください。
①PR48V(13) … オレンジ色
②PR44V(675) … 青色
③PR41V(312) … 茶色
④PR536(10A) … 黄色
※もちろん、①~④以外の種類の電池が必要な方は、型式をお知らせ下さい。ご準備します。
●全難聴減災プロジェクトチームより石川県聴覚障害者災害救援対策本部に連絡をいただきました。今回の能登半島地震で被害を受けた地域で補聴器をお使いの方に、補聴器用電池の支援として、日本補聴器工業会等を通じ補聴器用電池を送っていただきます。
●聴覚障害者手帳をお持ちではなくても、必要な方にお届けします。

やなぎだハウスの状況報告

2024-01-09
能登就労支援事業所やなぎだハウスの状況を報告します。
外観は大丈夫そうなのですが、実際は損傷が激しく、出入り口のドアが開かない状態でした。建物前の道は多くのヒビが入っており、段差も生じています。躓いてしまうかも知れません。外壁にもヒビが入っていて、崩れ落ちているところもあり、危険な状態です。
トイレはタイルが剥がれ落ちていてヒビも入っています。作業室の壁にもヒビが入っており、電灯は落ちかけています。作業室のシャッターの支柱が曲がったため開かなくなっています。2階の部屋はものが散乱し、本棚はすべて倒れています。天井の板が剥がれ落ちて電灯も破損しています。配線もところどころ断線していました。職員室も、本棚も冷蔵庫も倒れ、ものが散乱している状態です。
建物自体も傾きがあり、このまま使えるのか不安です。もしかしたら今後の揺れによって倒壊するかも知れません。
災害・震災支援に関するお問い合わせ
お問い合わせはこちら
石川県聴覚障害者センター 
社会福祉法人石川県聴覚障害者協会 
〒920-0964 
石川県金沢市本多町3-1-10 
石川県社会福祉会館内
TEL.076-264-8615 
FAX.076-261-3021
1
0
7
4
3
8
TOPへ戻る